小川原正道研究会ホームページ(仮設)

 

 

○紹介文

 慶應義塾大学法学部政治学科・小川原正道研究会は、幕末明治期を中心とした近代日本の政治思想史・政治運動史について研究しています。

 慶應義塾の創始者である福沢諭吉を中心に、明治国家の建設に関わった政治家や思想家、知識人などの政治思想、政治運動について、思想や運動の担い手となった「個」に焦点を当てて、研究をしています。3年生は、三田祭での論文集刊行に向けて、共同研究に取り組んでおり、4年生は卒業論文の作成に向けて、個別の研究に従事しています。3年生時は、近代の日本史についての知識にばらつきがあることから、サブゼミを行い、基礎的な文献を読みながら知識を身につけていきます。

 ゼミは例年、火曜日の3限(3年生)と4限(4年生)に開講しており、研究成果の発表とディスカッション、アドバイスなどを重ねながら、研究を深めていきます。サブゼミは、3年生の履修科目が定まったあと、空いている時間に設定しています。

 近代日本の政治、思想、運動に関心のある皆さんが集ってくれることを期待しています。

 

○教授紹介

 

図書館で本を読んでいる男性の白黒写真

中程度の精度で自動的に生成された説明小川原正道(おがわら・まさみち)

慶應義塾大学法学部教授

1976年、長野県生まれ。1999年、慶應義塾大学法学部政治学科卒。2003年、慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程修了。博士(法学)。慶應義塾大学法学部准教授などを経て、2013年より現職。イリノイ大学ロースクール客員研究員、ハーバード大学ライシャワー日本研究所客員研究員、マサチューセッツ工科大学(MIT)歴史学科客員研究員などを歴任。

 

<主要著作>

・『明治日本はアメリカから何を学んだのか―米国留学生と『坂の上の雲』の時代―』(文春新書、2021年)

・『小泉信三―天皇の師として、自由主義者として―』(中公新書、2018年)

・『西南戦争と自由民権』(慶應義塾大学出版会、2017年)

・『日本の戦争と宗教―1899-1945―』(講談社選書メチエ、2014年)

・『明治の政治家と信仰―クリスチャン民権家の肖像―』(吉川弘文館、2013年)

・『福沢諭吉の政治思想』(慶應義塾大学出版会、2012年)

・『福沢諭吉―「官」との闘い―』(文藝春秋、2011年) 

・『近代日本の戦争と宗教』(講談社選書メチエ、2010年)

・『西南戦争―西郷隆盛と日本最後の内戦―』(中公新書、2007年)

・『評伝 岡部長職―明治を生きた最後の藩主―』(慶應義塾大学出版会、2006年)

・『大教院の研究―明治初期宗教行政の展開と挫折―』(慶應義塾大学出版会、2004年)

 

○連絡先

 

 ゼミの活動、および入ゼミなどに関する質問は、下記までお寄せください。

 

 ogawara@law.keio.ac.jp

 

TwitterInstagram

 

 TwitterInstagramでも、ゼミの活動を発信しています↓

 

 https://twitter.com/ogawaraseminar

 

  https://www.instagram.com/p/ClEACeMpoXU/?igshid=YTgzYjQ4ZTY%3D

 

 

○ゼミ・メンバー紹介

 

4年】

青砥輝

加藤真唯

亀井湧人

黄檗龍志

黒川敬太

 

3年】

 

飯塚大智

小川航平

小曽戸聖雅

織田萌夏

木下あかり

後藤良太

酒井俊輔

清水春希

鈴木俊輔

田中葵

谷村風哉

福田和輝

横澤佳乃子

吉田文典

 

○三田祭共同研究

 

2022年度「福沢諭吉と戦争・政変・事変」

2021年度「福沢諭吉が生きていたら」

2020年度「福沢諭吉と欧米留学生」

2019年度「福沢諭吉と明治の元勲たち」

2018年度「福沢諭吉と明治150年」

2017年度「福沢諭吉と明六社の人々」

2016年度「福沢諭吉と友人達」

2015年度「福沢諭吉と明治のジャーナリスト」

2012年度「世紀転換期の日本政治思想―福沢諭吉が最後にみたもの」

2011年度「福沢諭吉と論敵たち」

2010年度「福沢諭吉と適塾門下生」

2009年度「時事新報記者列伝」

2008年度「慶應義塾出身貴族院議員列伝」

 

○入ゼミ課題

 

小川原正道研究会 入ゼミ課題

 

○ゼミの概要
・研究内容:日本政治思想史・日本政治運動史
・授業曜日・時限:火曜34

・サブゼミ:有(3年生の春学期のみ)週1コマ(曜日・時限は未定)

 

○募集人数
20
名程度

 

○入ゼミ課題①

以下の本のなかで、1講を選んでその概要を整理し、明治期の思想史を研究する意義と価値について、2000字程度でまとめて下さい。

 

山口輝臣・福家崇洋編『思想史講義【明治篇Ⅰ】』(ちくま新書、2022年)

 

○入ゼミ課題②

志望動機と簡単な自己紹介を2000字程度でまとめて下さい。

 

○提出方法・提出先

上記の入ゼミ課題①と②をワードで作成して、メールに添付して下記のアドレスまで送付して下さい。メールには、氏名(ふりがな)、学部、学科、学年、学籍番号、電話番号、メールアドレスを記載して下さい。

 

 ogawara@law.keio.ac.jp

 

○提出期限

2023131

 

○面接試験

 統一選考日(202324日)に個別面接(対面形式を予定)を行います。

 

○質問

 入ゼミについての質問は、上記メールアドレスまで、お問い合わせ下さい。

 

 

20221123日更新