比較政治学

比較政治学って何?

比較政治学(Comparative Politics)は政治学の一分野で、世界各国の国内政治を分析対象とし、因果関係に関する分析枠組みを用いながら重要な政治問題を実証的に解明しようとする学問です。比較政治学の研究者が答えたい問題には、例えば、なぜ民主化するのか、選挙制度はどのような影響をもつのか、なぜ内戦がおこるのか、なぜ「福祉国家」が発展するのか、など様々なものがあり、テーマごとに理論蓄積が進んでいます。詳しくは拙著『比較政治学』(ミネルヴァ書房 2014年)の序章を参照してください。