著書・論文

著書

『議会制度と日本政治−議事運営の計量政治学-』(木鐸社)2003年

共著書

『計量政治分析入門』山田真裕共著(東京大学出版会)2004年  

  『計量政治分析入門』using Stata & R

論文

“Japan.” 2008. European Journal of Political Research. 47: 1028-1038.

日本における二院制の意義と機能」『慶應の政治学:日本政治』2008年267-284頁

「福田政権の存続と衆議院総選挙」黄自進編『東亞世界中的日本政治社會特徴』(中央研究院 人文社會科學研究中心 亞太區域研究專題中心)2008年441−457頁

“Japan.” 2007. European Journal of Political Research. 46: 1005-1011.

「自民党分裂の生存分析」(建林正彦共著)『法学研究』2007年80巻8号120-136頁(再掲『日本の民主主義:変わる政治・変わる政治学』曽根泰教・大山耕輔編2008年228-241頁)

“The Survival of Prime Ministers and the House of Councillors.” 2007. Social Science Japan Journal. 10(1): 81-93.

「女性の政界進出:国際比較と意識調査」『政治参画とジェンダー』2007年321-345頁

「議会研究:権力の集中と分散」『レヴァイアサン』2007年40号212-223頁

「立法における変換vs態度表明:国会審議と附帯決議」『レヴァイアサン』2006年38号131-153頁

“The Diffusion of Power in the Diet.” 2005. Hogaku Kenkyu: Journal of Law, Politics and Sociology. 78(11): 64-86.

「権力融合と権力分立の立法過程的帰結」(川人貞史共著)『年報政治学2005 -T』2005年181-200頁

「政治体制と政党−集団関係:日韓比較」(飯尾・大西共著)『アジア太平洋研究』2005年29号73-92頁(加筆修正版『教育の政治経済分析:日本・韓国における学校選択と教育財政の課題』中神康博・Taejong Kim編2007年31-47頁)

「裁判官キャリアの生存分析」『成蹊法学』2005年61号411-456頁

“Japan: The Prime Minister and the Japanese Diet.” with B. Nyblade. 2004. Journal of Legislative Studies. 10(2/3): 250-262. (reprinted in Executive Leadership and Legislative Assemblies. ed. N. Baldwin. New York: Routledge. 2006. pp. 250-262).

「日韓における弱い議院内閣制と強い大統領制」(飯尾潤共著)『変動期の日韓政治比較』2004年83-116頁

「内閣提出法案件名録(第119回〜第141回国会)」『成蹊法学』2004年59号127-210頁

「代議制民主主義と国会における権力の集中・分散」『成蹊法学』2004年58号117-140頁

「政治家・政党」『アクセス日本政治論』2003年49-72頁

「政党の離合集散と代議制度」『成蹊法学』2003年57号504-538頁

「国会の機能・運営」『AERAMook 新版 政治学がわかる。』2003年32-35頁


「政権安定性と経済変動:生存分析における時間変量的要因」『年報政治学2002』2002年231-245頁

“Bandwagon Competition or Duration Dependence? Comment on 'Shaping Policy Diffusion.'” 2002. Japanese Journal of Political Science. 3: 265-269.

「国会運営:立法における多数派形成」『流動期の日本政治:「失われた十年」の政治学的検証』2002年97-114頁

「国会研究の現状と課題:資料解題を中心として」(川人・福元・待鳥共著)『成蹊法学』2002年55号157-200頁

「政党の法案支持態度の変化」『社会科学研究』2002年53巻2・3合併号39-53頁

「議事運営と行政的自律」『レヴァイアサン』2002年30号41-66頁


“The Diet 2001.” 2001. Japanese Journal of Political Science. 2: 247-251.

「首相の辞任と支持率:在任期間の生存分析」『公共選択の研究』2001年37号14-24頁

「国会運営と選挙:閣法賛否の不均一分散Probit分析」『選挙研究』2001年16号55-66頁第6回三宅賞 受賞

「国会は全会一致的か?」『成蹊法学』2001年52号150-168頁


“Is the Japanese Diet Consensual?” 2000. Journal of Legislative Studies. 6(4): 9-28.

“Agenda Power in the Japanese House of Representatives.” with G. Cox and M. McCubbins. 2000. Japanese Journal of Political Science. 1:1-21.

“Legislative Time and Agenda Power in the Japanese Diet.”
2000. Review of Asian and Pacific Studies. 20:65-85.


「立法時間の研究」『レヴァイアサン』2000年26号150-167頁

「立法過程における国会再考」『成蹊法学』1999年50号278-304頁

「国会運営における対立と協調:空間理論化と計量的実証」『公共選択の研究』1998年30号83-90頁

「介護保険の政治学:政策理念の対立と収斂」『公共政策:日本公共政策学会年報』1998年1号

「長寿社会と介護保険法:介護保険の成立史」『長寿社会年鑑1998〜1999』1998年103-112頁


“The Evolution of Fee-Schedule Politics in Japan.” with John Campbell. 1996. in Containing Health Care Costs in Japan. Ann Arbor: University of Michigan Press. pp. 265-277.

“The Ministry of Health and Welfare, and an Injection of Political Science.” 1996. Social Science Japan 7:13-15, 19.


「議会、合理的選択、制度論」『公共選択の研究』1996年26号79-92頁

「日本における診療報酬政策の展開」(ジョン・キャンベル共著)『季刊社会保障研究』1994年29巻4号359-68頁

「政策コミュニティと政策パラダイム:政策転換の分析枠組み」『慶応義塾大学大学院法学研究科論文集』1991年32号109-30頁