KIPS-Keio Initiatives for Political Science グローバル化時代の政治学総合研究拠点形成
慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻
魅力ある大学院教育イニシアティブ

ご挨拶
総合的知識と高度な専門性を兼ね備えた研究者を輩出する政治学総合教育
慶応義塾長 安西 祐一郎
慶應義塾長
安西 祐一郎
法学部長・法学研究科長 国分良成
法学部長・
法学研究科長
国分 良成

平成20年に慶應義塾創立150年を迎えるにあたり、慶應義塾大学は、「全社会の先導者 たらんことを欲するものなり」との建学の精神に則って、新たに「慶應義塾21世紀グランドデザイン」を掲げ、大学院教育の充実を図っています。

このたびの「魅力ある大学院教育」イニシアティブの採択により、グローバル化時代の専門性と総合性を兼ね備えた政治学研究者を養成する体制を確立するとともに、産学官を通じた研究・教育期間の中核を担う人材の幅広い活躍も同様に支援していきます。

慶應義塾大学は、平成17年には国際連携推進機構(OGI)を設置し、文部科学省の支援を得ながら、大学院教育における世界トップレベルの学術研究教育を目指しており、欧米の大学との交流に加えて、東アジアにおける国際的人間育成ネットワークの拠点形成を進めています。

本イニシアティブの採択を契機として、慶應義塾大学法学研究科政治学専攻にグローバル化時代の政治学総合教育拠点を築き上げ、国際水準で活躍できる総合的知識と高度な専門性を兼ね備えた政治学研究者・教育者の輩出に尽力する決意です。あわせて本取組が、今後の大学院教育のひとつのモデルとして供されることを願っています。

拠点リーダー:法学部教授 田中俊郎

近年、文部科学省は、公的な資金で大学および大学院を支援する際に、オープン・コンペ方式を頻繁に採用しています。そこでは、独立行政法人化された国立大学だけでなく、公立大学も、慶應義塾のような私立大学も、競争資金を申請・獲得しなければなりません。今回、教育分野でも、文部科学省から『「魅力のある大学院教育」イニシアティブ』の募集があり、法学研究科政治学専攻は、「グローバル化時代の政治学総合教育拠点形成」提案で応募し、資金獲得に成功し、KIPS(Keio Initiatives for Political Science)として、2006年度後半から新たな教育プログラムを推進しています。

KIPSでは、これら既存の5系列体制を領域横断的な形で発展させると共に、国際的な教育・研究活動の強化および学位取得支援策の一層の充実を図っていきます。具体的には、専門分野の知識を体系的に履修できる科目選択ガイドラインである「専修ユニット」制度の導入、複数教員でセミナーをおこなう「プロジェクト科目」の拡充、学内の諸研究所との連携による広範な科目の提供、海外招聘教授よる授業科目の拡充、研究手法・研究動向について学ぶ「基礎トレーニング支援プログラム」を新設しました。

さらに、国際的な場で活躍する研究者・教育者を育成するため、外国人招聘教授による外国語による専門授業(2006年度にはUS Foreign PolicyやEuropean Political Integration)もふやしつつあります。英語での論文執筆を支援するアカデミック・ライティングや英語での学会報告を支援するアカデミック・プレゼンテーションの授業も用意しています。さらに、留学生が博士学位の取得を容易にするため、博士論文などの日本語論文執筆支援体制も拡充しました。 こうしたプログラムを、学生の皆さんにはぜひ積極的に利用していただきたいと思っています。